保育士はまだまだ女性の職場です

以前、保育士は保母と呼ばれて女性のお仕事でした。子供の保育を行う人を保育士と呼びます。保育士は国家資格です。保育士の中には幼稚園教諭免許状を持つ人もいるそうです。男女雇用均等法ができて、保母のお仕事にも男性が入ってきました。保母と呼ぶわけにもいかず、保父という言葉ができたようですが保育士に統一されました。それでもまだまだ男性保育士は少数で、保育士は女性の職場のような感じがします。ただ、現在は保育士不足が深刻のようです。保育園に行きたくても行けない待機児童が多いのですが、保育園の数が足りません。保育園の数を増やしても、保育士の人数が足りていないので保育園が成り立ちません。保育士の待遇をもっと良くしなければ、保育士を目指そうとする人も増えてこないでしょう。看護師と並んで、子供の頃の憧れの職業に保育士と書く女性は多いです。それでも保育士が増えないのは、待遇があまり良くないためとも言われています。ですから、保育士の待遇を良くして保育士を目指す人を増やすことが必要ではないでしょうか。また、昔は話題になりませんでしたが、モンスターペアレントと呼ばれる自己中心的な親の存在も保育士志望をためらわせる要因の一つです。モンスターペアレントによって、精神的に追い込まれる人もいます。モンスターペアレントから保育士を守ることができないと、保育士になりたいと思う人は増えていかないでしょう。保育士を増やすには保育士の待遇の改善と、職場の環境の改善が必要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です