女性に相応しい資格

わたしは今、資格取得のために学校へ通っている。女性に今人気の資格と言えば医療事務と看護師、保育士も人気の職種に入るのではないだろうか。わたしの場合、具体的にどんな仕事への就職を求めているのかは考えてなく、単に事務職に就きたいだけなのでMOS試験に向けて学校へ通っている。約15年ぶりに学校という現場で勉強をする生活を送っているのだが、これが意外な事に結構楽しいのだ。
10代の頃は全く集中できなかった授業が、30代にして初めて楽しいと思える様になった。資格と言うものは取得してそれを生かさなければ意味がないのだが、資格を取得するために頑張っている皆の姿を見るのは中々良いものである。資格を取得するための勉強は楽しいのだ。それは大人になって初めて解る事である。10代よりも心に余裕が持てる様になるからだろうか。思春期の頃は勉強よりも考える事がありすぎて、学習するには精神的にも幼い気がする。大人になった時こそ学ぶ事の大切さが解る気がするのだ。もし義務教育が二十歳からという改定をしたら、日本がどう変わるのかも気になる。ダメになるかもしれないし、意外にも良い結果が出るかもしれない。
女性の仕事に相応しい資格と言うのは、一概にこれと言って決め付ける事は出来ない。それぞれ自分自身に相応しい資格は十人十色であるからだ。取得しているのにそれが生かされていないのなら、宝の持ち腐れである。わたしがもし無事試験をパス出来たら、なるべく無駄にならない様に精進して行きたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です